HOME>info>葬式に行く時に知っておきたい基本的なマナーについて

葬式でのマナーがある

歳を取る毎にお葬式に参列することは増えていきます。しかし、基本的なマナーを知っていなければ失礼になってしまいます。気持ちよく故人との別れをするためにもマナーを身につけておきましょう。

葬式参列の持ち物

  • 香典
  • 袱紗
  • 数珠
  • ハンカチ

葬式に行く時に知っておきたい基本的なマナーについて

葬儀

香典は新札NG

香典はお通夜・葬儀・告別式のいずれかで持参するものです。結婚式では新札がしきたりとなっていますが、葬式では新札はNGです。相場は故人との関係や地域によって変わりますが親族の場合30000円程度、知人の場合は5000円程度と幅がありますので同席する方に確認するのも一つでしょう。また、不祝儀袋は包む金額によってデザインが変わりますので注意が必要です。5千円までの間は水引がプリントしているもの、3万円までは黒白の水引のもの、それ以上の高額の場合は厚みのある大きいものを選びましょう。

お葬式のマナー質問箱

線香

袱紗はどんなものにすればいい?

弔事用は黒やグレーなどのものが基本です。開き方も弔事の場合は左開きと決まっています。袱紗も風呂敷タイプや袋状のものなど形は色々ありますので、使いやすいものを選びましょう。

数珠は必要?

数珠はお焼香をする際に必要になります。会場で貸し出される場合もありますが、基本的には自分の物を持参するようにしましょう。持っていなかったとしても、失礼にあたることはないので、急な葬式であれば無理して購入する必要はありません。誰かの数珠を貸し借りすることはタブーですので、自分のものがなければ、数珠を持たなくてもよいのです。

どんなバッグで行けばいいの?

バッグは喪服と同様に黒のものが基本です。ただ、革や合皮は生死に対してマイナスなイメージを連想するためNGという考え方もあるので、やめておくほうが無難です。