戒名は本当に必要なものなのか、常に疑問を感じています。

  • 1. 葬式を行った時期を教えて下さい。
    2011年

  • 2. お布施を支払ったお寺がある都道府県を教えて下さい。
    宮城県

  • 3. お布施を支払ったお寺がある区市町村を教えて下さい。
    宮城郡利府町

  • 4. お寺の宗派を教えて下さい。
    曹洞宗

  • 5. お寺の名前を教えて下さい。
    心月寺

  • 6. お寺の場所、宗派、名前が確認できるURLを入力してください。
    https://yaokami.jp/1045810/

  • 7. お坊さんによる通夜の読経の有無を教えて下さい。
    あり

  • 8. お坊さんによる葬儀・告別式の読経の有無を教えて下さい。
    あり

  • 9. お坊さんによる初七日(告別式の後)の読経の有無を教えて下さい。
    あり

  • 10. お坊さんによる火葬場での読経の有無を教えて下さい。
    あり

  • 11. 戒名(法名、法号)の種類 を教えて下さい。
    居士

  • 12. 納骨した(する予定の)場所 を教えて下さい。
    お布施を支払ったお寺の墓

  • 13. 葬儀社に支払った金額を教えて下さい。
    130万円

  • 14. お布施の金額を教えて下さい。
    30万円

  • 15. お布施額をどのように決めましたか?
    お寺から指定された。

  • 16. 戒名とお布施に関する感想を教えて下さい。

    戒名は本当に必要なものなのか、常に疑問を感じています。

    戒名を作成してもらう作業、お経をあげること、その他式典内での読経など、住職にしてもらっている仕事の内容とそれへの対価があまりにも乖離している気がします。

    これまで関わっていきた寺院の住職皆が、お金にこだわりすぎている感じが強くてやや嫌悪感を感じています。

    曹洞宗は式自体が他の宗派よりも派手なようで、多少お金がかかるのは仕方のないことかもしれませんが。

    また寺院内の墓所を管理してもらう名目で徴収される檀家の会費的なものも、毎回高額なので首を傾げます。

    もし自分が亡くなった場合、そういったお金がかかる寺院にはお願いせず、神式のシンプルな式を一通りしてもらうだけで十分だなと思います。

    お墓というのも、亡くなった人のためというよりも、残された人たちのためのものという感じがします。

    お墓そのものに大金を使うのではなく、維持するために必要なお金は惜しみなく使うというスタンスが一番しっくりきます。

  • 17. 1.お坊さん便、2.てらくる、3.本寿院から良いと思うものを選んで下さい。

    お坊さん便

  • 18. 選んだHPを見て、記載されているサービスについての感想、意見を教えて下さい。

    全国どこでも一律料金なのが安心です。

    檀家としてひとつの寺院に縛りつけられる心配もないのがいいなと思います。

    現在、寺院が経営困難で閉鎖せざるをえないケースも多いと聞きます。

    仏教での式典の知識をお持ちのお坊さんがいらっしゃるなら、こういったホームページで紹介されているようなサービスをぜひ利用したいと思います。

    このようなサービスがもっと広まれば、お寺の住職という席を失っても、神職を続けることは可能でしょうから、お坊さんにとってもプラスになるのではないでしょうか。

    明確な料金体系とシンプルなサービス内容なので、利用者もサービス提供者もお互い安心だと感じます。

    戒名作成も一律料金でしてくれる点はポイントが高いです。

    普通の寺院なら、戒名作成で数十万は軽く必要になるのが当たり前です。

    寺院に一人分の葬儀一式を依頼した場合と、このようなサービスに依頼した場合の料金の開きがかなり大きいことがわかったので、今後はこういったサービスを積極的に利用したいです。

SNSでもご購読できます。