先祖代々の檀家のお付き合いも大切ですが、一回だけの読経のお付き合いも楽でうらやましく思えます。

  • 1. 葬式を行った時期を教えて下さい。
    2015年

  • 2. お布施を支払ったお寺がある都道府県を教えて下さい。
    岐阜県

  • 3. お布施を支払ったお寺がある区市町村を教えて下さい。
    美濃加茂市

  • 4. お寺の宗派を教えて下さい。
    浄土真宗

  • 5. お寺の名前を教えて下さい。
    浄明寺

  • 6. お寺の場所、宗派、名前が確認できるURLを入力してください。
    https://yaokami.jp/1216108/

  • 7. お坊さんによる通夜の読経の有無を教えて下さい。
    あり

  • 8. お坊さんによる葬儀・告別式の読経の有無を教えて下さい。
    あり

  • 9. お坊さんによる初七日(告別式の後)の読経の有無を教えて下さい。
    あり

  • 10. お坊さんによる火葬場での読経の有無を教えて下さい。
    あり

  • 11. 戒名(法名、法号)の種類 を教えて下さい。
    釋尼

  • 12. 納骨した(する予定の)場所 を教えて下さい。
    公営墓地

  • 13. 葬儀社に支払った金額を教えて下さい。
    約280万円

  • 14. お布施の金額を教えて下さい。
    30万円

  • 15. お布施額をどのように決めましたか?
    先代(祖母)と同額

  • 16. 戒名とお布施に関する感想を教えて下さい。

    最低30万円のようで、上は50万円80万円とキリがありません。

    我が家として用意できる金額。

    お寺の本堂に、永代供養と共に氏名と金額が張り出されるので、そのくらいは当たり前になっているようです。

    母の戒名も、特にこだわりもなかったので住職にお任せでした。

    母の名前から一文字とった戒名になっています。

    祖父母の時代は、生前に京都の誰それに戒名をいただいた。という人も多かったようです。

    当然、京都のお寺様にお願いしに行くのですから、お布施の金額も高額だったようです。

    我が家は、生前にそこまで戒名にお金をかける余裕はありませんでしたし、高額な戒名をいただいても極楽浄土に行くのはかわりないな。ぐらいの考えです。

    以前は、お寺に納骨堂がなかったので、お墓の他に京都の本山にも納骨していました。

    祖父が本山に納骨されていたので、夫婦なのだからと祖母も本山に納骨することにしました。

    父と母は、分骨するためにまたお金がかかるので、自分たちの納骨は墓地だけでいい。と決めているようです。

  • 17. 1.お坊さん便、2.てらくる、3.本寿院のHPから良いと思うものを選んで下さい。
    お坊さん便

  • 18. 選んだサービスについての感想、意見を教えて下さい。

    テレビの特集で「お坊さん便」を知りました。

    先祖代々、檀家としてお付き合いがある我が家から見ると、不思議なサービス・業者に思えていました。

    核家族が増え、本家と新家のような親戚付き合いもなく、地元に残る事ができない家庭にとっては葬式もお墓も選択肢があるようでないんでしょうね。

    我が家の新家も他県に住んでおり、本家である我が家と同じお寺の檀家になるのは距離的にも無理だと判断し、お寺もお墓も新家にお任せしました。

    父は、宗派も問わないと言っていたそうです。

    お寺の規模も檀家の数も様々です。

    浄明寺様も、納骨堂の建立や本堂の修繕など、その度に檀家の寄付の話が出ました。

    住宅ローンや年金生活者など、各家庭の経済状態も決して楽ではありません。

    数十万円の寄付が当たり前になり、お役の方たちは更に上乗せとも聞きます。

    寄付の話が出そうなお寺の檀家になるのは、避けられているようです。

    昔は、御稚児行列もすごかったと聞きますが、近年はなかなか御稚児行列の募集もありません。

    どこのお寺様も、子どもが集まらず檀家の人たちも困っているそうです。

    先祖代々の檀家のお付き合いも大切ですが、一回だけの読経のお付き合いも楽でうらやましく思えます。

SNSでもご購読できます。